たまりば

  日記/一般 日記/一般  小平市 小平市

2018年04月29日

水仙祭り・・・スリプロー村

英語のプライベートティーチャー・マギー先生に教えてもらって、ケンブリッジの近くのThriplowという村へ。



“Daffodil Weekend”というお祭り開催。
村全部がお祭り会場。
イギリスは水仙があちらこちらで咲き始めると春本番。
暗い寒い冬が終わり、待ちに待った春に心が躍る・・・



スリプロー村到着。
駐車場で村の入場料を4.5ポンド払った。
・・・でもちょっと変。大人3ポンド、子供50ペンス、計7ポンド?
どうも私は子供料金。

最初の家、オーナーが日本語で「こんにちは」
金魚、鯉が泳ぐ池、日本風庭園にびっくり、嬉しい。
フレンドリーなオーナーはわらぶき屋根や家についてわかりやすい英語で色々話してくれた。

村の中心部のパブの前ではブラスバンドの演奏。民族衣装を着た人たちが民族ダンスご披露。楽しそう~。
馬車にのって村の中を一周。子どもたちは大喜び


花の市場があったり、
牧草地では羊を柵の中に追い込む牧羊犬のパフォーマンスショー
大きな馬小屋の中ではクラフトショップもあり。
13Cに建てられたという教会、
一度は住んでみたいマナーハウス、
鍛冶屋の家、
そして家々の花いっぱいのお庭・・・イングリッシュガーデン!
突然のにわか雨にもめげず、春のお祭りを楽しんだ。

このTriplowは13C初め、ケンブリッジ大学が創設されたときから深いかかわりを持っている。
最初は農業中心の村だったが、時代とともに変化しさまざまな職種の人が住むようになったらしい。
マギー先生によると、ケンブリッジ大学の教授などハイソサエティの人たちが住んでいると言っていた。

住人は変わっても13世紀の面影はそのまま残っているイギリスらしい村。
村人全員で古きよきものを大切に守り続け、この春のお祭りのために一年間丹精こめて思い思いのお庭を育てている。
なんて素晴らしいんでしょう!
またこの時期に訪れたいス・テ・キな村でした。



  • Posted by Ms Lemon at 22:55│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    水仙祭り・・・スリプロー村
      コメント(0)